薬剤師って素敵?

すみれ台在住で、薬剤師、ケアマネ、FPの資格を持つ著者が、日常の活動を紹介することにより、薬剤師という職業を考えるサイトです。
よく分からない為替
最近、ギリシャ不安をきっかけに、株安、円高が急激に進んでいる。

近年は、上がる時はじわじわと上がるのだが、下がる時は一気に下がる! これは下落の時の投資家心理を反映しているのだろうか。

今、私は、投資信託と、ドルとユーロの債券を毎月一定額、こつこつと購入している。これが一番ベストと信じているからだ。グッド

それにしても今回のような急激な下落があると、正直心中穏やかではないが、このような買い方をしている限り、リスクは最小限に抑えられると思っている(思いたい?)。

ところで、株安はともかく、なぜこんなに円高が進むのだろうか。

国債の発行額は、とんでもない額に膨らんでおり、国の信用は地に落ちつつあると思えるし、現物の貨幣についても、市場にどんどん出されジャブジャブの状態である。それで、どうして貨幣価値が下がらないのか不思議である。冷や汗

今にこのおかしなバランスが崩れ、急激な貨幣価値の暴落が起き、円安に進む事がいつ起きてもおかしくないと考えている。そのため、ドルとユーロを少額ながら買い進めているのだ。

それにしても、私の浅はかな頭ではこの為替相場が全く理解できないでいる。しょんぼり
| takoshi | FPの仕事 | 19:51 |
| comments(3) | - |
変額個人年金にご注意
今日は予想通り、川西の店もすごい数の患者さんであったが、処方もとの医師の迅速な対応で、忙しかったとはいうものの、1時半にはほぼ終わった。拍手

ところが、患者さんも落ち着いたので、義母から相談事があると聞いており、大阪に急いで向かおうとしたところ、もう一人これから来る予定の対応の難しい患者さんの応対をお願いしたいという店のスタッフからの要請があり、そのまま45分も残る羽目となってしまった。怒り

そもそもいつも他店のスタッフで対応できるわけではなく、それなりに自店のスタッフが対応できるようにしなければいけないわけで、ちょっとムッとしてしまったが…汗

ところで、義母からの相談というのは、つい先日加入した変額個人年金の事だった。

これは、一時金を納めると、1年後からそれを原資として毎年一定の年金額がもらえ、元金保証で、株式等の運用がうまくいけば、年金額も増えるという事で入ったそうだが、義兄にそんなに甘くないと怒られたらしい。

それで、解約した方が良いかどうか相談したいとのことだった。

この年金保険、確かに元金保証だが、最初に3%の手数料が取られ、さらに毎年2.75%も!運用手数料が取られるという事が分かった。

という事は、結構な運用利益が出なければ、なかなか年金額が増えそうもなく、今の状況では、年金額が増える事はなさそうで、普通にネット銀行で定期預金に預けた方が利回りは良さそうだった。

といっても、今解約すれば、1割近く解約手数料が取られるという事があり、解約するのも損という結論となる。

残念ながら、元金は減らないという事で、そのまま加入するしかない、と伝えるしかなかった。冷や汗

前にも書いたが、とにかく保険会社の商品にはくれぐれも用心してほしい。甘い話は絶対にないのである。
| takoshi | FPの仕事 | 18:47 |
| comments(0) | - |
資産運用にご用心
私も、そろそろ老後の心配をしなければならない歳になってきている。

特にお金の問題は切実なテーマである。働けなくなった時、どれだけのお金を残す事ができるか、それが一番勝負だと思っている。

ところが、今、資産運用しようにも、この超低金利の時代、なかなかお金は増殖しない。

そんな中、近所の郵便局の職員が簡易保険の特別終身保険を勧めに来た。

説明によると、今300万円を預けると、60歳になると70万円受け取れ、その後も5年ごとに計3回70万円を受け取り、そして最後死んだ時に70万円、計350万円受け取れるということだった。

それから、ここが重要なのだが、別に分割して受け取らなくても、60歳以降ならどのような受け取り方法にしてもよいという事も言われていた。

私は、その説明から、60歳時に350万円全額受け取れるものと信じて、60歳まで途中解約できない事や、それまでに金利上昇するかもしれないというリスクもあったが、契約することにした。

ところが、保険証書が届いた時、60歳以降の途中解約の話は全く書かれておらず、不安になり聞いてみると、分割して受け取らず、途中解約した場合、元本割れはないが、ほとんど利息はない事を言われた。びっくり

そんなことなら、もっと良い条件の資産運用法はいくらでもあったのに、すでに契約はしており、今更どうしようもなく、見事にだまされた結果となった。冷や汗

私としては、ファイナンシャルプランナーという資格を持っておりながら、このような話にひっかかってしまって本当に情けなく思っている。

皆さんも、ちょっとうまい話があっても、決して引っかからないように注意してほしい。確認をくれぐれも怠らないようにしてほしい。

最初のうちは相当頭に来ていた怒りマークが、今後は2度と引っかからないであろうし、今は、良い勉強をしたとさばさばしている…?
| takoshi | FPの仕事 | 14:34 |
| comments(0) | - |
住宅ローンは何を選ぶか
今日はおかげさまで、花粉症は落ち着いてきたが、ただ薬の影響からか、1日中ぼーっとしていた。

今日、店の薬剤師が家を建てるということで、話を聞いていたのだが、住宅ローンを変動金利にするという。

私は、?反対してしまった。びっくり

確かに、今の金利はかなりの低水準で、変動金利に至っては、かなり低い。

ただ、今の状態が異常だと思う。あまり詳しくはここではふれないが、今後急激に金利が上昇する可能性は、そんなに低くはないと思う。

ましてや、今変動金利で35年もの間、運用すれば、かなりのリスクがあることは否定できない。

またもし、急激なインフレでも起これば、土地は急激な値上がりをし、固定金利で住宅ローンを借りておけば、かなりの利益も得られるというメリットもある。グッド

今は固定金利でも十分に低金利であり、目先の支払いが多少少なくて済む、という理由だけで、変動金利を選択するのは、大変なリスクを背負うことになると思う。

私の住宅ローンの今のお勧めは、誰が何と言おうと、35年間ずっと固定金利を選択することである。

もっとも、今は、住宅ローンを組むこと自体が大変なリスクだと思うが…汗
| takoshi | FPの仕事 | 21:30 |
| comments(0) | - |
正しい投資信託の買い方?
今日午前中、加西の店での仕事であったが、終わった後、そこの薬剤師に投資信託について話を聞いた。

この薬剤師、投資信託を買い始めたのはつい最近だが、どうやら、買っては損するため、すぐに売ってしまい、また他の物を買っては損するの繰り返しだそうである。冷や汗

はっきり言ってこれは最悪! である。この買い方は、まさにギャンブル的な買い方である。びっくり

投資信託は、そもそも長期的に運用するのが、本来の姿だと思う。

それも、毎月、一定額をこつこつ買う、いわゆるドルコスト平均法による購入がベストである。グッド

こうすれば、値が安い時はたくさん買え、値が上がっている時は少ししか買えなくなる。

そうして根気強く買っていけば、必ず、将来どこかで、利益が出てくるようになる(はず?)。

そのためには、最低10年は続ける覚悟が必要である。

もちろんどんな投資信託を買うのかも極めて重要である。

できるだけ、いろいろな国内、海外問わず、株や債券を組み込んだ物(バランス型)の方が、リスクが少なくて済む。

そもそも、短期間ですぐに儲けることなど素人では絶対に無理であり、それどころか、短期の投資は損するだけだから絶対にしない方が良い、というのが私の持論である。

今の低金利の時代年5%の運用を目指せば、十分であろう。

ところで、数ある投資の中で、自分への投資が、特に若い人には最も有効だと思う。

つまり、いろいろな本を読み、セミナーを積極的に聞きに行く。拍手

そうすることにより、その時かかったお金の何百倍もの収入が後からもらえるようになる。

これ以上、効率の良い投資は他にはないと思うのだが、如何だろうか?
| takoshi | FPの仕事 | 20:56 |
| comments(0) | - |
健康保険の高額療養費制度
健康保険の高額療養費制度というのはご存じだろうか?

これは、医療機関で支払ったお金がある一定以上になると、払い戻される制度である。グッド

よく税金の医療費控除と混同されるので注意してほしい。見る

高額療養費制度では、医療機関ごとに、自己負担額が約80,000円を上限に設定されており、これ以上支払った場合、保険者に申請すれば払い戻される。嬉しい

事前に医療機関に「限度額適用認定証」を提示すれば、最初から、限度額までしか払わなくて済む。拍手

このことは、生命保険の医療保険を考える場合に役に立つ。ときめき

つまり、入院時、1日3,000円も保証してもらえれば、十分であるということである。グッド

ただし、個室等に入院する時の差額ベッド代や、食事代対象外になるので注意が必要である。冷や汗

ちなみに税金の医療費控除は、年間10万円を超える分につき、全額還付されるわけではないが所得控除できる。これは家族全員合算できる。読書

医療費控除の場合は、差額ベッド代や、食事代も対象となる食事

ところで、約80,000円の自己負担限度額は、一般所得者対象であり、それ以上、以下の所得者の方は、金額が違うので、予め断わっておく。グッド
| takoshi | FPの仕事 | 21:26 |
| comments(0) | - |
日経225ミニ
私が短期の投資手段として使っているのが日経225ミニだ。グッド

詳細は他の本読書 を見ていただくとして、ここでは簡単に紹介しよう。

テレビテレビ でもよく出てくる日経225とは、日本の代表的な株式会社225社の株価の平均値を指数化したものである。

この日経225を100倍した数字を価格にして取引しているのが、日経225ミニである。

具体的には、日経225が9300円とすると、日経225ミニではその100倍つまり930000円が最小単位の1枚となる。

これを買い建で購入すると、日経225が100円上がると、その100倍で10000円の儲け。逆に100円下がると10000円の損失となる。

また他の株式等と違って、売り建で購入することができる。ときめき

この場合、日経225が100円下がると10000円の儲け、100円上がると10000円の損失となる。

ところで、この話をすると元手が最低1000000円近くいるのでは、と思われたかもしれない。

ところが、今のところ、元手は証拠金として40000円弱あれば、1枚購入することができる。グッド

というわけで、この日経225ミニをやるようになってからは、以前やっていた個々の株式はまったく面白くなくなって止めてしまった。冷や汗

この日経225ミニは単純に、日本経済がこれからよくなると思えば買い建をし、悪くなると思えば売り建をするという、分かりやすさが信条である。拍手

さて本日、急落していた日経225が反発してかなり値を戻した。ラブ

私は今日そろそろ上がるだろうと、買い建で購入していたので、なんと! 一日で28000円の儲けになった。祝

もちろんそれまでにいくら損を出していたかについてはご想像にお任せする。汗
| takoshi | FPの仕事 | 23:04 |
| comments(0) | - |
年利15%以上の積立預金
今日は、ぜひ皆さんに私が一押しの資産運用法をお教えしよう。グッド

この方法は、毎月一定額を積み立てていくのだが、間違いなく年15%以上の利息が付く!びっくり

ただし、以下の条件がある。

月に積み立てることが出来る金額は¥18,000までである。
原則60歳になるまで引き出すことができない
勤め先の協力がいる

さてここまで読み進めれば、ぴんと来る方もいるかもしれない。これは以前にも紹介した個人型確定拠出年金である。

ところで、皆さんの税金はどう計算されて決められているのかご存知だろうか?

簡単に言うと、まず給与等の収入から、配偶者控除等が控除され、所得が出る。この所得に一定の割合をかけたものが税金となるのだ。

そしてこの確定拠出型年金の掛け金は、全額すべて所得から控除されるのである。つまり、所得が少ないと計算される。

もし、¥18,000毎月積み立てたとすると、年間¥216,000になる。これに税率最低の15%をかけると、¥30,000強となる。

この¥30,000強の税金が、毎年戻ってくるということになる。ときめき

ちょっと難しかっただろうか。とにかく、確実に最低掛け金の15%が戻ってくるのである。OK

さらに、給与等収入が増えるにつれ、この税率が上がってくるために、人によっては、30〜50%も戻ってくる場合もある。びっくり

また、運用の仕方は個人で決めるのだが、その方法として、定期預金や、投資信託があり、その運用益もさらにプラスになるのだ。楽しい

さらには、この運用益には一切税金がかからない!びっくり

また、勤め先が企業年金を採用している場合、その企業年金の掛け金と合わせ、¥68,000まで掛け金を増やすことが出来る(企業型確定拠出年金)ので、さらにお得である。グッド

また、企業年金がない個人型でも、来年より、最高の毎月の掛け金¥22,000となるらしいので、もっとお得となる。拍手

どうだろうか。月々の掛け金が少ないことはあるが、普通では考えられない利息? が手に入るこの確定拠出年金、ぜひ、勤め先にお願いし窓口になってもらい、始めることをお勧めする。
| takoshi | FPの仕事 | 20:04 |
| comments(0) | - |
生命保険の留意点
FPの資格を取ってから、よく相談を受けるのが生命保険についてである。聞き耳を立てる

自分がどんな内容の生命保険に入っているのか、保険会社に任せ、よく理解されていない方が多いのではないだろうか。そこで、今日は生命保険についてお話ししたいと思う。拍手

今の生命保険は、単に亡くなった時にいくら出るかだけという単純なものはほとんどないと言って良いだろう。介護状態や、3大疾病なったら、いくらもらえるとか、障害が残ったら年金がもらえるとか、さまざまな特約が付いているのが普通である。

その特約にかかる保険料が本当にバカにならないくらい高いびっくり そもそもそうなる確率と、その保険料を貯金していたら、いくら貯まるのかのバランスをもっと考えてほしい!

私の提案としては、生命保険は、万が一亡くなった時の補償のみでよいと思う。その額を決める際にも注意してほしいのは、働き手が亡くなっても、結構残された家族には、いろいろ優遇されるということである。母子家庭の優遇とか、遺族年金とか、結構お金の面で優遇される。それらの額を把握して、あまり保険金をかけすぎないようにすることが肝要である。グッド

もう一つ、入院した時の補償をしてくれる医療保険の存在がある。この保険は、万が一入院した時に入院費用を補償してくれるので、ぜひ入ってほしい保険ではあるが、これも必要以上にかけない工夫が必要である。男

というのは、高額医療費制度というものがあり、毎月の医療費の自己負担の上限が決まっているのである。この額は、収入によって差があるのだが、入院費用は、概ね1日5000円の補償で十分である。グッド

ただ、入院する時は、どうしても個室でなければ嫌だ、ということであれば、差額ベッド代は高額医療費の限度額には含まれないため、それ以上の補償が必要ではあるが。汗

よって私の結論として、年齢にもよるが、生命保険は死亡保障が3000万円から4000万円入院補償が1日5000円の医療保険に入ればよいということになる。OK

あとは個人個人で、この特約をつけたいということであれば、よくよく保険料とその確率を天秤にかけながら判断してほしい。

皆さんもぜひ、保険会社の言いなりになるのではなく、生命保険の内容にもっと関心を持ってほしい。そして今の生命保険を見直すことをお勧めする。もしかすると、それだけで、相当額の家計の助けになるかもしれない。ラブ
| takoshi | FPの仕事 | 20:16 |
| comments(0) | - |
確定拠出年金
最近、私が資産運用として注目しているのが、確定拠出年金である。ラブ

確定拠出年金には、普通の年金積み立てと違い、さまざまな利点ハート がある。

一番の利点が、掛け金のすべてが所得控除を受けられることである。普通の個人年金では、生命保険料控除の最大5万円しか受けられないが、確定拠出年金の場合、月々最大18000円積み立てられるので、年間最大216000円控除が受けられる。この差はすごい。びっくり

ただ、この年金の利点でもあり、欠点でもあるのが、自分で資金の運用先を決める点だ。面倒くさいと言われればそうなのだが、うまく組み合わせれば、大きく資産を増やすことが出来るときめき が、下手すると逆に減らしてしまう危険もある冷や汗

それでも、普通に預金したり、投資信託に投資するよりも、所得控除がかなりある分、かなりお得であるということは間違いない。グッド

またもう一つの利点は、普通に預金したり、投資信託に投資した場合、利息に即税金がかかり差し引かれるが、確定拠出年金の場合、いざ年金として支給される時まで税金がかからず、その意味でも長期に積み立てればかなりお得になる。拍手

そういうわけで、確定拠出年金を使い、資産運用を試みたいと思っているが、実はこの年金会社の協力が必要で(別に会社に負担はないが、窓口になってもらう必要がある)、今、交渉中である。

もし興味があれば、ぜひ、詳しく調べてみることをお勧めする。私の一押し! である。グッド
| takoshi | FPの仕事 | 20:44 |
| comments(0) | - |
厚生年金の支給開始年齢
昨年から、話題になっている年金問題だが、皆さんがいつから厚生年金をもらえるのか、ご存知だろうか?男

職場で今日話していた中で、勘違いしていた人がいたので、ここで整理しておこうと思う。グッド

まず、男性でS36.4.2以降女性でS41.4.2以降生まれの方は、65歳にならないと支給されない。しょんぼり

男性でS28.4.1まで女性でS33.4.1までに生まれた方は、60歳からまがりなりにももらえる。ただし、S16.4.1以前の男性S21.4.1以前の女性は満額もらえるが、それ以降は、減額される。OK

さて、男性でS30.4.1まで、女性でS35.4.1までに生まれた方は61歳から、男性でS32.4.1まで、女性でS37.4.1までに生まれた方は62歳から、男性でS34.4.1まで、女性でS39.4.1までに生まれた方は63歳から、男性でS36.4.1まで、女性でS41.4.1までに生まれた方は、64歳から支給、と段階的に支給年齢が繰り上げられる。読書

ところで、支給年齢を前倒ししてもらえることもできるが、かなり減額されるので、余程お金に困っていなければお勧めできないことを付け加えておく。びっくり
| takoshi | FPの仕事 | 22:00 |
| comments(0) | - |
パートの限度額
皆さんの中には、パートとして奥さんが働いている方も多いと思うので、よく分かっている人も多いかと思うが、どこまで働いたらよいのか、少し整理してみようと思う。男

まず103万円までは、所得税がかからないので、そのままの金額が手元に入る。(住民税は100万円を超えるとかかるが)嬉しい

103万円を超えると所得税がかかってくるが、130万円までは、奥さんはご主人の扶養家族のままでいられるので、とりあえず、働くだけ手取り額は少しずつでも増える。(配偶者特別控除が徐々に減額となるので、夫の手取り額も多少減るが)読書

ところが、130万円を超えると、奥さんは扶養家族になることができず、健康保険年金保険に自分で入らなければならないので、保険料を支払わなければならない。しょんぼり

そうなると、働いても、手取り額は逆に減少してしまうことになる。冷や汗

ただ、年金保険に加入するということは、老後、その分、もらうことが出来るので、一概に損とは言えないので注意してほしい。グッド

141万円以上になると、配偶者特別控除は一切受けられなくなり、ご主人の家族関係の税金における優遇はすべてなくなる。汗

ということで、それぞれの家庭の事情もあり一概には言えないが、パート収入は出来れば103万円以内に抑える。どうしても、仕事の関係でそれ以上働く必要があるなら、130万円までなら、それほど大きな影響はない。ということになろう。OK

もう一つ付け加えるなら、ご主人の会社で、扶養家族手当をもらっている場合、その条件を確認することも忘れないでほしい。聞き耳を立てる
| takoshi | FPの仕事 | 20:35 |
| comments(0) | - |
家にまつわる相続について
先に、家を建てるときは慎重に考えた方がよい、と書いたが、その中で、相続の問題について今日は話したいと思う。男

若い人の中には、親に頭金を出してもらって、家を買おうと思っている人が多いのではないか、と思う。

そこで注意してもらいたいのは、家の名義を自分だけにすると、贈与税がかかるということだ。出したお金の配分に応じて、家を共有名義にしなければならない。読書

そうなると、先に、親が亡くなると、相続が発生したその時の時価で、家が見積もられ、親の持分については、相続人で分配する必要がある。しょんぼり

そのときに、家を売却すれば、現金で分配できるが、そうできない場合は、現にその家に住んでいる相続人が、他の相続人に現金お金 を渡すことになる。

そのための現金をあらかじめ用意しておければよいが、ローンも抱えていることもあり、手元の現金がなく、トラブルに発展するケースが多い。びっくり

その前に、親から贈与を受け、家を自分名義に変えたら、と思うかもしれないが、結局、その贈与分も、相続時には、親の財産とみなされてしまうので注意が必要である。汗

このトラブルを防ぐには、前もって親に遺言状を残してもらうのが有効であるが、それにしても、遺留分が半分発生することを覚えておいてほしい。OK

というわけで、家を購入するときは、くれぐれも慎重に考えてほしい。
| takoshi | FPの仕事 | 21:06 |
| comments(0) | - |
今こそ投資信託を!
今日の話は、あくまで、個人的意見として聞いてほしい。聞き耳を立てる

この世界同時不況により、何らかの投資をしていた方は、結構な損失を出したことと思う。そして、投資活動から、すべて引き上げてしまい、もう2度と投資などするか、と思っている方も少なくないと思う。しょんぼり

でも、今こそ、投資をするべき! と私は思う。グッド

ただし、何でも手を出せばよいということではない。冷や汗

誰にでもお勧めなのは、投資信託である。

これは、いろいろな株や債権、商品等を組み合わせ、投資のプロが運用する商品であるが、この中でも、国内の債権、株、海外の債権、株を組み合わせた商品がお勧めである。マル秘

この商品なら、大きな儲けは期待できないが、大きな損失を避けることが出来るので、今なら比較的安全に資産運用ができると思う。嬉しい

この投資信託を、毎月一定額ずつ買うのである。そうすれば、安い時はたくさん買えるし、高い時は、少ししか買わずにすみ、能率的に買うことが出来る。この方法は、ドルコスト平均法と言い、一般的に極めて有用な買い方である。OK

ただし、いくら安全といっても、損失が出ることもあるかもしれない。あくまで長い目で投資していってほしい。10年も投資すれば、やはりやっておいて良かったと実感できるだろう。ラブ

以上ここに書いたことは、あくまで私個人の意見であり、投資判断は個々で判断してほしい。
| takoshi | FPの仕事 | 19:10 |
| comments(0) | - |
住宅購入に一言。
今日は、お金の話をしようと思う。お金

結婚して子供が出来ると、住宅購入を考える人が多いようである。本来、まず考えてほしいのが、子供の学費である。1人平均1500万! くらい(中高公立、大学私立の場合)かかるのはご存知だろうか。

それにもかかわらず、何千万もの住宅ローンを何とかなるだろうと、かけてしまう人が多いのである。冷や汗

そこまでして住宅家 を購入したいのか、もう少し冷静になって考えてほしい。

計算してみると分かるが、賃貸で生活すると、住宅を購入するのに比べて、金利分、税金、補修費等、将来少なくとも1000万〜2000万円! 貯金できる。また、その都度気に入った所に簡単に引越が出来る気軽さもある。拍手

確かに、ローン返済後、不動産は残るが、今の世の中、そんなに価値があるわけではないし、簡単に売れず、後で相続の問題が残る。

実際、他のすべてを捨ててまで、住宅を購入する価値があるだろうか。収入も安定する保証もなく、下手すると、本当に、住宅だけのために働くことになってしまう。それでよいのか、もう一度真剣に考えてほしいところである。

それでも家がほしいときめき と言うのなら、誰も止めませんが・・・汗
| takoshi | FPの仕事 | 19:45 |
| comments(0) | - |

カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
おすすめ商品
それでも話し始めよう アサーティブネスに学ぶ対等なコミュニケーション
それでも話し始めよう アサーティブネスに学ぶ対等なコミュニケーション

誰かとの人間関係に悩んでいる方、これを読めば、目からうろこの光が見えます。大げさではないです。
最近投稿した記事
コメント
カテゴリー
バックナンバー
リンク
メンバー
その他
ページトップへ