薬剤師って素敵?

すみれ台在住で、薬剤師、ケアマネ、FPの資格を持つ著者が、日常の活動を紹介することにより、薬剤師という職業を考えるサイトです。
パートの限度額
皆さんの中には、パートとして奥さんが働いている方も多いと思うので、よく分かっている人も多いかと思うが、どこまで働いたらよいのか、少し整理してみようと思う。男

まず103万円までは、所得税がかからないので、そのままの金額が手元に入る。(住民税は100万円を超えるとかかるが)嬉しい

103万円を超えると所得税がかかってくるが、130万円までは、奥さんはご主人の扶養家族のままでいられるので、とりあえず、働くだけ手取り額は少しずつでも増える。(配偶者特別控除が徐々に減額となるので、夫の手取り額も多少減るが)読書

ところが、130万円を超えると、奥さんは扶養家族になることができず、健康保険年金保険に自分で入らなければならないので、保険料を支払わなければならない。しょんぼり

そうなると、働いても、手取り額は逆に減少してしまうことになる。冷や汗

ただ、年金保険に加入するということは、老後、その分、もらうことが出来るので、一概に損とは言えないので注意してほしい。グッド

141万円以上になると、配偶者特別控除は一切受けられなくなり、ご主人の家族関係の税金における優遇はすべてなくなる。汗

ということで、それぞれの家庭の事情もあり一概には言えないが、パート収入は出来れば103万円以内に抑える。どうしても、仕事の関係でそれ以上働く必要があるなら、130万円までなら、それほど大きな影響はない。ということになろう。OK

もう一つ付け加えるなら、ご主人の会社で、扶養家族手当をもらっている場合、その条件を確認することも忘れないでほしい。聞き耳を立てる
| takoshi | FPの仕事 | 20:35 |
| comments(0) | - |
コメント
コメントする










カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
おすすめ商品
それでも話し始めよう アサーティブネスに学ぶ対等なコミュニケーション
それでも話し始めよう アサーティブネスに学ぶ対等なコミュニケーション

誰かとの人間関係に悩んでいる方、これを読めば、目からうろこの光が見えます。大げさではないです。
コメント
カテゴリー
バックナンバー
リンク
メンバー
その他
ページトップへ