薬剤師って素敵?

すみれ台在住で、薬剤師、ケアマネ、FPの資格を持つ著者が、日常の活動を紹介することにより、薬剤師という職業を考えるサイトです。
「明日の記憶」を見て
 昨日の予告どおり、今日は午後より、映画「明日の記憶」を見に行った。映画

 今日は日曜日ということもあってか、すごい人!びっくり この映画もほとんど席が残っておらず、前から2番目という苦しい位置での鑑賞となった。

 さて、この映画、若年性アルツハイマー病を題材とした、主に夫婦愛を描いた映画であるが、前評判どおり、渡辺謙さん、樋口可南子さんら、役者さんの熱演が光り、涙、涙の連続であった。悲しい

 内容については、主人公と同い年の私にとって、非常に身につまされたのだが、もう少し、将来に希望の見える結末にしてほしかった。あまりに悲惨で、やるせなさが残ったのは私だけではあるまい。しょんぼり

 とはあれ、若年性アルツハイマー病の実態を世の中に知ってもらう効果は十分で、皆さんにもぜひお勧めしたい映画である。拍手
| takoshi | 家の行事 | 19:01 |
| comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
確かに最後はやるせなさが残りましたね。
暫く、胸の奥に重〜〜い物がズシ〜ンと残ってました。

思いっきり泣かせる映画ではないですね。
もっと深い処で考えさせる映画でした。
2回3回と見ないとホントの良さは判らないかも知れませんね。
| レオン | 2006/05/29 10:52 PM |

なるほど。確かにそうかもしれませんね。
また見たいものです。
| takoshi | 2006/05/29 10:56 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://takoshi.blog.bai.ne.jp/trackback/52281

トラックバック

カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
おすすめ商品
それでも話し始めよう アサーティブネスに学ぶ対等なコミュニケーション
それでも話し始めよう アサーティブネスに学ぶ対等なコミュニケーション

誰かとの人間関係に悩んでいる方、これを読めば、目からうろこの光が見えます。大げさではないです。
コメント
カテゴリー
バックナンバー
リンク
メンバー
その他
ページトップへ