薬剤師って素敵?

すみれ台在住で、薬剤師、ケアマネ、FPの資格を持つ著者が、日常の活動を紹介することにより、薬剤師という職業を考えるサイトです。
調剤している薬剤師の身にもなって!!
 今日は、気持ちの良い天気だった。晴れ
 午前中は、介護支援の仕事で、デスクワーク。午後は、2人の利用者のお宅へ訪問。元気そうに、私を迎えてくれて、今日も気分の良い一日。嬉しい
 が、しかし… 少し、残念なことがこの後起こった。悲しい
 夕方、垂水区のお店で働いている時の一こま。
 子供2人連れのお母さん。薬の飲み方を確認していたら、突然、
「自分で調整するからもういい。車を路駐しているから、早く薬出してよ!」
 薬の内容は、それぞれ、粉、数種類を混ぜるものと、シロップ、数種類を混ぜるのもの。
 この仕事をしていない人は分からないと思うけど、この調剤は、本当に神経を使うのだ。まず、処方された薬の分量がその子供に適当な分量か調べる。そして、間違いなくその薬を正確に測り、粉の場合、ヘラを使い、正確に分け、さらに確かに正確に調剤したか、もう一度確認する。
 シロップの場合、正確に混ぜた後、飲みやすい分量になるまで水を加える。そして、一回分ずつメモリにマジックで線を入れる。
 どう考えても、すぐにできるものではない。適当に計れば良いというものではないのだ。うっかりすると命にかかわるのだ。分かっているのだろうか。嗚呼悲しい
| takoshi | - | 22:54 |
| comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://takoshi.blog.bai.ne.jp/trackback/3124

トラックバック

カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
おすすめ商品
それでも話し始めよう アサーティブネスに学ぶ対等なコミュニケーション
それでも話し始めよう アサーティブネスに学ぶ対等なコミュニケーション

誰かとの人間関係に悩んでいる方、これを読めば、目からうろこの光が見えます。大げさではないです。
コメント
カテゴリー
バックナンバー
リンク
メンバー
その他
ページトップへ