薬剤師って素敵?

すみれ台在住で、薬剤師、ケアマネ、FPの資格を持つ著者が、日常の活動を紹介することにより、薬剤師という職業を考えるサイトです。
自分の死後の事
 今日は暗い話で恐縮だが、自分の死後おばけ の事についてである。冷や汗

 何か最近、50歳も近くなると、今後の人生について深く考えることが多くなった。しょんぼり

 今日も、午後より、大阪で弁護士さんに会う機会があり、いろいろ話を聞いているうちに、自分の死後について心配なことは、しっかり遺言状を残すことが重要であることが分かった。グッド

 もちろん、私としてはまだ50年? は生きようと思っているのだが、人間何があるか分からない。早すぎるかもしれないが、後に憂いを残さないように、早目に遺言状を残しておこうかと真剣に考えた。

 弁護士事務所を後にして、空は雨雨 で暗かったが、心は何やら明るくなった。楽しい

 45歳になるまでは、今後の人生の事など考えた事もなかったのになあ汗
| takoshi | 家の行事 | 19:27 |
| comments(4) | trackbacks(0) |
コメント
こんばんは。
遺言ですか・・・
最近下の子が頻繁に、ママは先に死んじゃうんだよねと
目に涙をためて言うんです(縁起でもない!!)
こんな病弱な子をおいて死ねません(^_^;)
って言うか死にたくないですよね・・(つд`)゜。
| うーちゃん | 2006/02/15 11:43 PM |

子供さんの気持ち、よく分かります。
私も小さい頃は、母親命でしたから。

もちろん私も死にたくないですが、きっちり身辺整理を今のうちにしなくては、と考えています。
ちょっと事情もあるのですが…
| takoshi | 2006/02/16 9:28 PM |

争いを防止するというだけでなく,残された遺族の方の手続きを簡単にするという意味からも遺言は役に立ちますね。
| 若菜(全国葬祭業協会) | 2006/02/24 2:12 AM |

若菜さん、こんばんは
その通りですね。
そのために遺言を残しておこうと思っています。
| takoshi | 2006/02/24 7:02 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://takoshi.blog.bai.ne.jp/trackback/39028

トラックバック

カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
おすすめ商品
それでも話し始めよう アサーティブネスに学ぶ対等なコミュニケーション
それでも話し始めよう アサーティブネスに学ぶ対等なコミュニケーション

誰かとの人間関係に悩んでいる方、これを読めば、目からうろこの光が見えます。大げさではないです。
コメント
カテゴリー
バックナンバー
リンク
メンバー
その他
ページトップへ