薬剤師って素敵?

すみれ台在住で、薬剤師、ケアマネ、FPの資格を持つ著者が、日常の活動を紹介することにより、薬剤師という職業を考えるサイトです。
ケアマネジャーってこんな事までするの
 今日は、午前中、ある利用者が入院する病院 ということで、手続きがスムーズに進むよう利用者に同行した。

 ところが、手続き自体はスムーズに行うことができたが、その後、もう少し待って欲しいといわれ、結局、入院時の説明、主治医から手術の説明、日ごろの生活状況等聞かれ、手術の同意書、混乱した時の身体拘束の同意書までサインをさせられてしまった。冷や汗汗

 まるで、その利用者の息子男 のような気分であった。

 この利用者、身寄りが全くない方で、保証人になってもらえる方がなく、保証人は「なし」で許してもらえたが、手術の同意はぜひお願いしたい、と病院側に言われ、仕方なくサインしたわけだが、本来、ケアマネジャーの業務としては行き過ぎだと思う。

 何か、入院中に事故でもあった場合どうなることか、とも思うのだが、サインしてしまった以上腹をくくるしかあるまい。

 まあ、それ以外は、いろいろ手続きや、手術の方法等勉強することができ、満足だったのだが…しょんぼり

 
| takoshi | ケアマネジャーの仕事 | 23:04 |
| comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
まだ保育器の中にいるくらいの年代の私ですが、いろんな病院のsystemは新しい介護事業所や、高齢者住宅を作るときに参考になると思います。

同意書へのサインがケアマネさんでもOKというのは少し驚きました・・。
| mokejaboo | 2005/10/22 11:08 AM |

mokejabooさん、こんばんは。

同意書へのサイン、ケアマネで良いということはないと思います。

でも、病院としては、誰も身内がいない場合、とにかく誰かに同意書をとっておきたいのでしょう。
何かあったときに、病院の責任が強く問われるからかな?

いずれにしても、何の連絡もないということは無事に手術が終わったのでしょう。

無事退院するまで、ちょっとどきどきします。
| takoshi | 2005/10/22 8:16 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://takoshi.blog.bai.ne.jp/trackback/23424

トラックバック

カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
おすすめ商品
それでも話し始めよう アサーティブネスに学ぶ対等なコミュニケーション
それでも話し始めよう アサーティブネスに学ぶ対等なコミュニケーション

誰かとの人間関係に悩んでいる方、これを読めば、目からうろこの光が見えます。大げさではないです。
コメント
カテゴリー
バックナンバー
リンク
メンバー
その他
ページトップへ