薬剤師って素敵?

すみれ台在住で、薬剤師、ケアマネ、FPの資格を持つ著者が、日常の活動を紹介することにより、薬剤師という職業を考えるサイトです。
突発性難聴
 突然、母親が突発性難聴で入院した。病院

 昨日、急に大きな耳鳴り聞き耳を立てる がし、その後左耳が聞き取りにくくなったらしい。最初は風邪のせいか、と思い大したことはないと思っていたのだが、念のため、病院へ受診させた。

 ところが聴力検査の結果、突発性難聴と分かり、即入院となった。びっくり

 普通は、ステロイドという薬を飲んで様子を見るところだが、母は、糖尿病があり、薬の調整が難しいということで入院となったらしい。

 担当の耳鼻科の医師は、私も見てもらっている医師だが、さすがに対応が素早い。こういう点が私も信頼しているところだ。

 入院してから、毎日夜を除いて点滴があるらしい。

 8日間の入院予定である。時計

 ところで、突発性難聴という病気は原因がよく分からず、特定疾患に指定されている。

 特定疾患の場合は、医療費の一部が国から補助されるのだ。

 母の場合、年金しか収入がないので、ほとんど自己負担がない。これは、不謹慎だが、おいしい話? だ。
 おまけに市から毎月、額は大したことはないが、見舞金まで出るらしい。ハート

 他の命にかかわるような特定疾患からすると、こんなに優遇されていいのだろうか、と思うが、もらえるものはありがたくもらっておこう。嬉しい
 私がもらえるわけではないが…汗

 突発性難聴は、早く治療すれば、治ることが多いが、治らないこともあると聞く。

 とはいえ、本人はいたって呑気で、入院前も「化粧して行った方が良いだろうか。」と真剣に聞いていた。

 まあ、あまり心配しなくてもよさそうである。
| takoshi | 家の行事 | 22:57 |
| comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
突発性難聴は、少しでも早い処置で改善度は変わってくると聞いております。私見ですが、予後の精神的なケアをしてあげることが重要かなと思います。

お大事になさってください。
| mokejaboo | 2005/10/14 9:58 AM |

 mokejabooさん、的確なアドバイス有難うございます。
 ただ、母親は、ただでさえ依存的な人なので、なかなか、精神的なケアは難しいと思います。
 まあ、ぼちぼち頑張ってみます。
 いつも有難うございます。
| takoshi | 2005/10/14 7:09 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://takoshi.blog.bai.ne.jp/trackback/22284

トラックバック

カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
おすすめ商品
それでも話し始めよう アサーティブネスに学ぶ対等なコミュニケーション
それでも話し始めよう アサーティブネスに学ぶ対等なコミュニケーション

誰かとの人間関係に悩んでいる方、これを読めば、目からうろこの光が見えます。大げさではないです。
コメント
カテゴリー
バックナンバー
リンク
メンバー
その他
ページトップへ