薬剤師って素敵?

すみれ台在住で、薬剤師、ケアマネ、FPの資格を持つ著者が、日常の活動を紹介することにより、薬剤師という職業を考えるサイトです。
介護保険利用者の悲喜こもごも
 今日は、一日中ケアマネジャーとして、担当している利用者のところに訪問した。家
 今日だけで、1万歩以上歩いたが、気候も良く、快適に訪問を続けることができた。嬉しい

 ある利用者女 は、いつも不平不満ばかり並べ、早く死にたいと言っていたのに、今日は不平不満を言わず、「最近は食欲もあり、身体も軽い」と初めて、明るいことを言ってくれた。

 ある利用者男 は、歩行が不自由で、ちょっとの距離も歩けない、といつも愚痴をこぼしていたのに、「今日は神戸駅まで一人で行ってきた」と明るく話してくれた。

 ある利用者女 は、つい一ヶ月前まで、誰かの援助がなければ移動もできなかったのに、今日見たら、一人でさっさと歩き、「食欲も出てきた」と元気に話してくれた。

 このように、今日は、こちらまで明るくなるようなそれぞれの利用者の声を聞きながら、過ごしてきたが、最後に少し暗いニュースを聞いてしまった。しょんぼり

 デイサービスの人から、ある利用者のことで報告があった。

 「今日入浴介助中に気がついたのだが、ソケイ部(足の付け根)がすごく腫れていた!

 早速その利用者男 のところに行き、見せてもらったら、想像以上に大きなこぶになっていた。聞くところによると、半年前からできてきて、痛くも痒くもないのでほかっておいた、との事。

 明日、主治医に受診するように勧めたが、その利用者は「入院して切らなければならないかな」とやっと不安になってきた様子だった。

 とにかく、心配である。明日の受診結果はもちろんすぐに聞くことにしている。しょんぼり

 
| takoshi | ケアマネジャーの仕事 | 22:33 |
| comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://takoshi.blog.bai.ne.jp/trackback/20061

トラックバック

カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
おすすめ商品
それでも話し始めよう アサーティブネスに学ぶ対等なコミュニケーション
それでも話し始めよう アサーティブネスに学ぶ対等なコミュニケーション

誰かとの人間関係に悩んでいる方、これを読めば、目からうろこの光が見えます。大げさではないです。
コメント
カテゴリー
バックナンバー
リンク
メンバー
その他
ページトップへ