薬剤師って素敵?

すみれ台在住で、薬剤師、ケアマネ、FPの資格を持つ著者が、日常の活動を紹介することにより、薬剤師という職業を考えるサイトです。
ある介護保険利用者の話、その後
 以前、あるヘルパー事業所が、介護保険では不適切なサービスを繰り返すため、抗議し、早急に適切なサービスに戻すように通告した話をした。
 ところが、それから、予想通り? そのヘルパー事業所から、「そんな事はしていない、そちらの思い違いだ」という返事読書 をもらった。
 こちらは、ちゃんとサービスを受けている利用者から直接聞いていることだから間違いないし、以前にも、他の利用者で同じように、全く依頼していないサービスを平気で勝手にしていたこともあるのだから、全く言い訳に過ぎない。怒り
 再度抗議し、しばらく様子を見ていたが、相変わらず一日に3〜4時間も掃除のみする等、不適切なサービスが続いていた。
 だが、この利用者も、自分の思い通り動いてくれる(それが介護保険ではできないサービスと思っていない)担当のヘルパーが大層お気に入りで、このままでは、適正なケアプランを立てることが難しいと判断し、担当ケアマネジャーから降りる決心をした。
 昨日、利用者と相談したが、「担当ケアマネジャーから降りて欲しくない。何とか、ヘルパー事業所と話し合って欲しい」ということだったが、とにかく問題のある事業所であり、利用者本人も、今のサービスの量を減らしたくない、と考えていることから、何とか私がやめることを了解してもらった。
 この利用者とは5年間も付き合ってきたこともあり、本当に残念なことであったが、自分が不適切なサービスに気づきかけた時に、見逃さず、もう少し早く対処しておけば済んだ問題であり、自分の責任も大きく、その責任もとる形でやめさせてもらった。しょんぼり
 後は、新ケアマネジャーの下、何とか、これからは問題を起こさず、利用者にも幸せに過ごしていただきたいものである。
| takoshi | ケアマネジャーの仕事 | 16:30 |
| comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://takoshi.blog.bai.ne.jp/trackback/19492

トラックバック

カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
おすすめ商品
それでも話し始めよう アサーティブネスに学ぶ対等なコミュニケーション
それでも話し始めよう アサーティブネスに学ぶ対等なコミュニケーション

誰かとの人間関係に悩んでいる方、これを読めば、目からうろこの光が見えます。大げさではないです。
コメント
カテゴリー
バックナンバー
リンク
メンバー
その他
ページトップへ