薬剤師って素敵?

すみれ台在住で、薬剤師、ケアマネ、FPの資格を持つ著者が、日常の活動を紹介することにより、薬剤師という職業を考えるサイトです。
ヘルパー事業所のその後
 あるヘルパー事業所が、この一年ほどの間に、掃除だけに3時間も費やしたり、庭掃除、家具の移動、窓拭きなど、介護保険サービスとしては不適切なサービスをしてきた。
 そこで、これ以上不適切なサービスを続けることのないよう、この事業所に「ヘルパーを指導するように」文書を送り、さらに、電話でも通告したことを以前このブログで報告した。
 今日その回答が文書で来た。読書
 内容は、「窓拭きは一回のみしたことがあるが、後の不適切なサービスはしていない。そもそも時間がかかるのは、その場所にもより、本人の要望もある。ヘルパーは一生懸命やっている。」というものだった。
 とんでもない話だ。怒り怒りマーク
 実は、毎月、予定(調理と掃除の援助)以上に、勝手にサービスを入れていて、それをサービス費として請求しており、4時間のサービスを入れていたこともあったのだ。
 その事業所からの文書によると、利用者は不適切なサービスは受けていない、と言っている、ということだったが、私は利用者に直接聞いている。
 つまり、何とかできるだけ稼ごうと、不適切なサービスまで入れていたことが疑われるのだ。
 分かっている。冷や汗汗 余分なサービスが入っているのでは、と疑いながらも、利用者が喜んでいたこともあり、これまで放置していた私の責任であることは間違いない。しょんぼり
 でも、遅まきながら、この辺でちゃんとしないといけない。
 だが、すでに利用者は今のサービスで満足しきっており、この話をきちんと決着するには利用者も敵に回しかねない。 
 いや、すでに、不適切なサービスは受けていない、と言うように言いくるめられているだろう。
 こんな関係では、その利用者の担当ケアマネジャーとして信頼関係を築くことはできず、ここはやはり、担当ケアマネジャーを降りることになりそうである。しょんぼり
 でも、その前に、きちんと導入すべきサービスについては、結論を出しておきたい。そして、信頼関係を失ってでも、その利用者にきちんと説明したいと思う。
 介護保険サービスは、大部分が皆が出している保険料や、税金が使われているのだ。
 度が過ぎた訪問介護サービスは介護保険では不適切であり、個人が家政婦と契約すべきものである。
 今回の件ではつくづく反省した。しょんぼり
| takoshi | ケアマネジャーの仕事 | 20:10 |
| comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://takoshi.blog.bai.ne.jp/trackback/16872

トラックバック

カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
おすすめ商品
それでも話し始めよう アサーティブネスに学ぶ対等なコミュニケーション
それでも話し始めよう アサーティブネスに学ぶ対等なコミュニケーション

誰かとの人間関係に悩んでいる方、これを読めば、目からうろこの光が見えます。大げさではないです。
コメント
カテゴリー
バックナンバー
リンク
メンバー
その他
ページトップへ