薬剤師って素敵?

すみれ台在住で、薬剤師、ケアマネ、FPの資格を持つ著者が、日常の活動を紹介することにより、薬剤師という職業を考えるサイトです。
ある介護保険利用者の死
 今日は一日加西の店で仕事。ここの仕事はいつもスタッフと話をするのが楽しくて、気分良く仕事ができる。楽しい
 ところが今日、私が担当している介護保険利用者の一人が亡くなったという知らせを受けた。ショック
 この方は、5年前より私が担当している方だが、90歳をはるかに超えた方で、天寿を全うしたといってもよいかもしれない。でも…
 今日はこの方について少し話したい。
 この方は娘との二人暮らしで、娘は、母の面倒を見ることに使命感を燃やしていたし、母は、そんな娘の負担にならないように一生懸命だった。どちらもお互いのことを本当に大切に思っていた。
 母は、高齢でもあり、何度も意識がなくなり、そのたびに入院したが、家に帰りたい! という強い意志で復活し再び元気に退院する、そのくり返しだった。病院
 ところが去年の冬、母も娘もインフルエンザで倒れたとき、娘はパニックに陥ったのだろう。その時精神的に深い傷を負い、母と暮らすのが苦痛になってしまった。
 それでも、頑張って2人で生活していたのだが、ある時、母は転倒して、骨折。入院することになった。
 私としては、娘の精神状況を考えると、少し、母と娘を離した方が良い、と考えていた矢先だったので、不幸な事故ではあったが、むしろ2人にとっては好都合かもしれないと思っていた。
 それから数ヶ月後、母は帰らぬ人となった。母は娘の迷惑にならないように逝ってしまったような気がしてならない。
 でも、娘の心情を思うと、いたたまれない気持ちでいっぱいである。きっとひどく自分を責めているのではないか。少し落ち着いてから、娘さんの話を聞きにいこうと思う。私にできることはそれくらいだろう。
 ご冥福を心よりお祈りしています。しょんぼり
| takoshi | ケアマネジャーの仕事 | 22:30 |
| comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
こんばんは、シルフです。
お悔やみ申し上げます。

お母様はきっと、「これで、誰の負担にもならずに
済む・・・」と、ある意味、ほっとしながら
逝かれたのではないでしょうか。
優しい娘さんとtakoshiさんの介護を受け、
十分幸せを感じていたと思います。
気になるのは、娘さんですよね。
「最期まで面倒を見てあげれば良かった!」と
自分を責めていそうですよね・・・。
そんな娘さんを見たら、お母様も悲しまれる事、
諭してあげて下さい。
その後のケアなど、大変なお仕事ですが、
頑張って下さいね。
| シルフ | 2005/08/25 12:54 AM |

 シルフさん、いつも有難うございます。
 今は娘さんも大変でしょうが、しばらくすれば、きっとその後は良い人生を送ってくれると信じています。そうなる権利があります。
 一緒に祈っていただければ、ありがたいです。
 
| takoshi | 2005/08/25 8:55 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://takoshi.blog.bai.ne.jp/trackback/15310

トラックバック

カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
おすすめ商品
それでも話し始めよう アサーティブネスに学ぶ対等なコミュニケーション
それでも話し始めよう アサーティブネスに学ぶ対等なコミュニケーション

誰かとの人間関係に悩んでいる方、これを読めば、目からうろこの光が見えます。大げさではないです。
コメント
カテゴリー
バックナンバー
リンク
メンバー
その他
ページトップへ